猫と暮らす一人暮らし(賃貸)の日記。口癖は「部屋を片づけなきゃ」と「老後の心配」 
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
猫の記憶
前回、姉妹再会したななちゃんが、姉妹ともどもシャーシャーいいあい、お互いを忘れ、他猫となってしまったことを書きました。
犬とは違い、猫には人や猫同士の記憶は無いのでしょうか?

「猫の記憶」と言えば思いだすことがあります・・・。

高校生の時に、家には黒猫の小太郎君がいました。
受験勉強をしていた私の肩に乗り、夜更かしを共にした兄弟のような存在でした。

進学のため上京して、一ヶ月後のGWに帰省したら、
小太郎君はすっかり私のことを忘れていました。
元々、人見知りをする子だったこともあり、私のそばには来てくれなかったのです。

GWも最後の日に、私を思いだしたのか、私に慣れたのか、ふたりで縁側にある椅子に向かい合って座り、ほどよい距離で静かになにもせず、過ごしました。

それから、何日もたたずに母から小太郎君が亡くなったことを電話で聞きました。
まだ亡くなるには若かったのですが、外へ自由に出られたこともあり、田舎にはありそうな事故で亡くなりました。
最後いっしょに過ごした時間は、私のことをちょっとは思いだしてくれたのか、記憶の外でも居心地のいい人間でいられたのか、わからなくてもよい思い出です。

001_convert_20130420173707.jpg
あたしは過去を振り返らないにゃ


にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
© 7ちゃんねる * 猫の七子と暮らす部屋. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。